flyer

情念(パシオン)と気晴らし(ディヴェルティスマン)

フランス音楽・そのはざまで

2006年9月29日(金)
18時30分開場・19時開演


甲東ホールにて
(阪急今津線甲東園駅下車すぐ、アプリ甲東4階)

出演
谷野裕子 (ソプラノ)
白木絵美 (リコーダー)
坂本卓也 (バロック・ヴァイオリン)
城坂さおり (ヴィオラ・ダ・ガンバ)
三島 郁 (チェンバロ)


 18世紀初頭のフランスでは、王宮のみならず貴族のサロンにおいて音楽が楽しまれていました。このコンサートでは、そのような場で親しまれていた音楽を取り上げます。踊りと結び付いた組曲や、音楽の中にちりばめられた情念、しかしまた気晴らしという、貴族のコミュニケーションの手段でもあったフランスのバロック音楽の醍醐味を味わって下さい。
flyer


当日 \3,000 / 前売 \2,500 / 学生 \1,500

後援 同志社女子大学音楽学会≪頌啓会≫

ご予約・お問い合わせは こちら までどうぞ。



●演奏曲目

 J.-B.ストゥック カンタータ第1番「ピロメーラー」
 F.クープラン 詩篇第13番「主よ、いつまでなのですか」
 F.クープラン 王宮のコンセール第2番ニ長調
 L.-N.クレランボー 組曲ハ短調
 L.-A.ドルネル 組曲第4番ニ長調
 J.オトテール 組曲第5番ロ短調
ほか
-


●出演者のプロフィール

谷野裕子 (ソプラノ)
 大阪大学工学部卒業。米田葉子、渡邊由美子、田中千都子の各氏に師事。現在、アンサンブル・ヴォックス・フマーナ、テレマン室内合唱団に所属。イギリス歌曲を中心としたコンサートを企画するなど、ソロ・アンサンブル活動も行っている。和歌山市出身。

白木絵美 (リコーダー)
 9歳より豊中市少年合奏団(リコーダーオーケストラ)においてリコーダーを始める。相愛大学音楽学部器楽学科古楽器専攻(リコーダー)卒業。リコーダーを小林達夫、若林正史、藤田隆、花岡和生の各氏に師事。また、国内外の講習会や音楽祭などに参加し、J.タイソン、W.v.ハウヴェ各氏のレッスンを受ける。これまで、同大学の卒業演奏会、新人演奏会、バロックオペラ、現代バレエ公演等の演奏会に多数出演する他、京都フィルハーモニー室内合奏団等のオーケストラとも共演。第14回西日本リコーダーコンクール(アンサンブル)において最優秀賞を受賞。第18回山梨古楽コンクール入選。現在は関西を中心にソロ、室内楽等の演奏活動を行っている

坂本卓也 (バロック・ヴァイオリン)
 ヴィオラ、バロックヴァイオリンを大津睦氏に師事。2005年・2006年京都フランス音楽アカデミーにてJ.-P.ヴァッサール氏のヴィオラ古典奏法クラスを修了。また、各地講習会にてL.v.ダール、E.ガッティ (バロックヴァイオリン)、平尾雅子 (フレンチバロックアンサンブル)の各氏のレッスンを受講。2000年、バロックダンサー山際新氏の連続舞踏講習会にてヴァイオリン奏者を務める。みみからえほん、デュオ・ノンシャランのメンバー。現在、オーケストラ・室内楽奏者として活動中。

城坂さおり (ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 同志社女子大学学芸学部音楽学科音楽学専攻卒業。在学中よりヴィオラ・ダ・ガンバを始める。ヴィオラ・ダ・ガンバおよび古楽アンサンブルを西村喜子氏に師事。2001年・2006年ヨーロッパにてW.クイケン、M.ミデンウェイの各氏のマスタークラスを受講・修了の他、中野哲也、D.ハッチャー、R.ツィッペリングの各氏に指導を受ける。現在、ソロ、コンソート、通奏低音奏者として、音楽活動を行っている。D.W.C.コンソートのメンバー。

三島郁 (チェンバロ)
 東京学芸大学大学院修士課程修了後、ケルン大学、大阪大学大学院文学研究科で音楽学専攻、博士課程修了。文学博士。専門は西洋音楽史、演奏論など。現在ソロ奏者また通奏低音奏者として活動中。チェンバロを亀谷喜久子氏に師事するかたわら、ヨーロッパ各地のマスター・コースに参加・修了。京都市立芸術大学、同志社女子大学、甲南女子大学、神戸山手女子高等学校、各非常勤講師。