戀、さまざまに

―中世フランスの恋の歌―

戀、さまざまに

―中世フランスの恋の歌―

(郷町館 古楽コンサート 10)

2018/5/30 (水)
19h開場 19h30開演
伊丹市立伊丹郷町館 重要文化財 旧岡田家住宅・酒蔵 にて

14世紀から15世紀にかけての中世後期、マショーを中心としたアルス・ノヴァから、バンショワが活躍したブルゴーニュ楽派にかけての「恋の歌」をあつめました。

古いフランス語で歌われる「恋の歌」は、淑女への愛を誓う歌から、実らぬ恋を自虐する歌、愛するほどに苦しくなる胸の内を語る歌など、思いはさまざま。

フランスから招いた中世音楽のスペシャリスト ブリス・ラモンダンク氏率いる、歌と絃のアンサンブルが、初夏の郷町館の夜、恋の諸相をうたいあげます。

入場料

前売 ¥2,000 当日 ¥2,500(全席自由)
★5月25~27日に開催の「大阪中世まつり」に コース1~7 で参加されると、コンサート入場料が500円割引となります。割引ご希望の方は大阪中世まつりの名札をコンサートにご持参ください。

演奏

レ·リュリャーズ
 ブリス・ラモンダンク (歌、ギテルヌ)
 佐々木ひろ子 (歌)
 坂本卓也 (ヴィエール)

演奏曲目

G. de マショー 《ならぶものなき美よ》《愛しい人の心には毒蛇が》《運命に不満と賞賛を》《愛しい人よ、目を向けないで》 G. de バンショワ 《悲しき悦び》 P. des モラン 《愚かな考えがしばしば》 ほか

会場地図 (Googleマップで開きます) 主催 伊丹市立伊丹郷町館 [公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団/伊丹市] 企画 坂本音楽スタヂオ

ご予約・お問い合わせ

伊丹市立伊丹郷町館 (電話 072-772-5959)
 10:00-18:00 月曜休館(祝休日の場合は翌日)
 ※駐車場はございませんので、車でお越しの際は宮ノ前地下駐車場(有料)をご利用ください。
※会場は文化財のため空調設備がございません。調節のできる服装でお越しください。