Sakamochi
坂本卓也
- ヴァイオリン/ヴィオラ/ヴィエール(中世フィドル)奏者、編曲家

コンサート・ライヴ情報

近々出演するコンサート、ライヴ、イベント、講座などの情報です。
一部、事前予約が必要な公演、イベントもありますので、詳細はリンク先(主催者)または坂本にお問いあわせください。

2024/2/15(木) 1920 La Paz (ラパス) (大阪市北区)

教会暦で巡る初期ルター派のビチニウム ― 第11回 四旬節:キリストの苦難と死を思う flyer

長井舞(リコーダー)+坂本卓也(バロック・ヴァイオリン)

violon baroque

 中世カトリック教会の在り方に疑問を投げかけたマルティン・ルターはカトリックから破門され、自身による会派を組織することになりました。

 初期ルター派ではラテン語のミサがあげられ、ラテン語の聖歌も歌われており、現在のルーテル教会のものよりもずっと中世カトリックに近いものでした。

 本コンサートシリーズでは、16・17世紀の初期ルター派修道院で音楽教育や典礼に用いられた2声のポリフォニー楽曲「ビチニウム」を、教会暦に沿って紹介しています。

  第11回「四旬節:キリストの苦難と死を思う」では、2024年2月14日にはじまる四旬節にまつわるビチニウムを中心に、キリスト教や16世紀の音楽についてのおはなしを交えながら演奏します。

 リコーダーとバロック・ヴァイオリンの2声による、最小編成のポリフォニーをお楽しみください。

―エスト・ミキの主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominicis Esto Mihi―

作者不詳 《先に行く人たちが彼をとがめ》(ルカによる福音書 18:39) anonyme «Qui præibant, increpabant eum» (Lucas 18:39) («Biciniorum», Prima Pars, XVIII, 1607)

―灰の水曜日のためのビチニウム / Bicinia pro Feria Quarta Cinerum―

ジョスカン・デ・プレ 《わたしたちの生み出した罪によっても》(詩篇 102:10) JOSQUIN des Prés «Domine non secundum peccata nostra» (Psalmus 102:10) (Diphona amœna et florida, LXXX, 1549)

―灰の水曜日後の木曜日のためのビチニウム / Bicinia pro Feria Quinta post Cineres―

R. de ラッシュス (O. ラッスス) 《わたしの後に付いて来ようとする者は》 Roland de Lassus (Orlandus LASSUS) «Qui vult venire post me» (Lucas 9:23) («Novae aliquot et ante hac non ita usitatae cantiones suavissimae», IX, 1577)

―四旬節第1主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominica Invocavit―

T. シュトルツァー 入祭唱《彼がわたしを呼び求めるとき》(詩篇 90:15) Thomas STOLTZER Introitus «Invocavit me et ego exaudiam eum» (Psalmus 90:15) (Diphona amœna et florida, LXXXVI, 1549) T. シュトルツァー カンティクム《なぜなら、主はわたしを救ってくださいました》(詩篇 90:3) Thomas STOLTZER Tractus canticum «Quoniam ipse liberavit me» (Psalmus 90:3) (Bicinia Gallica Latina Germanica, Tomus 1, XXXIX, 1545) S. カルヴィシウス 昇階唱《主は天使たちに命じて》(詩篇 90:11-12) Sethus CALVISIUS Gradiale «Angelis suis mandavit de te» (Psalmus 90:11-12) (Biciniorum, Prima Pars XIX, 1607) 作者不詳 《悪魔はイエスを試し、言葉に宿る神の威光と戦ったが》(マタイによる福音書4:1-11, J. v. ボイスト) anonyme «Voce Dei victus Stygius tentator abibat» (Joachim von Beust, ex Matthaee 4:1-11) («Bicinia sacra», XX, 1642)

―四旬節第2主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominica Reminiscere―

作者不詳 《カナンで描かれたのは、なんと大きな信仰の姿なのでしょう》(マタイによる福音書15:21-28, J. v. ボイスト) anonyme «Quæ sit magna Fides, Cananææ pingit imago» (Joachim von Beust, ex Matthaee 15:21-28) («Bicinia sacra», XXI, 1642) 作者不詳 《イエスはカナンの女に言いました》(マタイによる福音書15:21-28) anonyme «Dixit Jesus mulieri Cananeæ» (Matthaeus 15:21-28) («Biciniorum», Prima Pars, XX, 1607)

―四旬節第2金曜日のためのビチニウム / Bicinia pro Feria VI post Dominica II Quadragesima―

作者不詳 4度上のカノン《苦しみながら主に助けを求めると、耳を傾けてくださいました》(詩編 119) anonyme Fuga in epidiapente post semibrevum «TimeteAd Dominum cum tribularer clamavi et exaudivit me» (Psalmus 119) (Bicinia Gallica Latina Germanica, Tomus 1, LXXVI, 1545)

―四旬節第3主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominica Oculi―

T. シュトルツァー カンティクム《わたしたちの目はわれらの神、主に向かう》(詩篇 123:2) Thomas STOLTZER Tractus canticum «Ita oculi nostri ad Dominum Deum nostrum» (Psalmus 123:2) (Diphona amœna et florida, LXXXVI, 1549)

―四旬節第4主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominica Lætare―

作者不詳 《主よ、彼らの食べるパンをどこから手に入れましょうか》(ヨハネによる福音書 6:5 & 9) anonyme «Unde sumemus panes, ut isti edant Domine» (Dominica Lætare, Ioannis 6:5 & 9) («Biciniorum», Prima Pars, XXII, 1607)

―四旬節第5主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominica Judica―

T. シュトルツァー カンティクム《わたしたちの目はわれらの神、主に向かう》(詩篇 128:2-3) Thomas STOLTZER «Etenim non potuerunt mihi» (Psalmus 128:2-3) (Diphona amœna et florida, LXXXVIII, 1549)

―四旬節第5月曜日のためのビチニウム / Bicinia pro Feria II post Dominica V Quadragesima―

L. ゼンフル 《わたし、わたしこそがあなたを慰める者》(イザヤ書 51:12-13) Ludwig SENFL «Ego, ego ipse consolabor vos» (Isaias 51:12-13) (Bicinia Gallica Latina Germanica, Tomus 1, XL, 1545)

―枝の主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominica in Palmis.―

作者不詳 《ユダヤの子らはなつめやしの枝を掲げ》(ヨハネによる福音書12:13) anonyme «Pueri Hebreorum tollentes ramos palmarum» (Ioannes 12:13) («Biciniorum», Prima Pars, XXV, 1607) H. イザーク 《わが神よ、わたしはずっと叫び続けるでしょう》(詩編 21:3) Heirich ISAAC «Deus meus clamabo per diem» (Psalmus 21:3) (Diphona amœna et florida, XCIII, 1549)

―バビロン川のほとりに / Super flumina Babylonis―

M. グライター & M. プレトリウス 《バビロン川のほとりに》(詩編136) Matthias GREITER & Michael PRAETORIUS «An Wasser Flüssen Babylon» (ex Psalmo 136) («Teutsch Kirchēamt mit lobgsengen», 1525. & «Musæ sioniæ» Tomus 9, CXXXIV, 1610.)

2024/4/2(火) 1920 La Paz (ラパス) (大阪市北区)

教会暦で巡る初期ルター派のビチニウム ― 第12回 復活節:わたしたちの主は復活し、再び現れる flyer

長井舞(リコーダー)+坂本卓也(バロック・ヴァイオリン)

violon baroque

 中世カトリック教会の在り方に疑問を投げかけたマルティン・ルターはカトリックから破門され、自身による会派を組織することになりました。

 初期ルター派ではラテン語のミサがあげられ、ラテン語の聖歌も歌われており、現在のルーテル教会のものよりもずっと中世カトリックに近いものでした。

 2022年11月にはじまった本シリーズですが、現在2サイクルめ、2024年の教会暦に沿った選曲でビチニウムをとりあげています。ルネサンス・ポリフォニーの技法が凝縮されたビチニウムの一曲一曲は短いものですが、教会暦や引用された聖書の言葉についてのトークを交えながら、各回十数曲のビチニウムを紹介してゆきます。

 リコーダーとバロック・ヴァイオリンの2声による、最小編成のポリフォニーをお楽しみください。

演奏動画

坂本卓也の YouTubeチャンネルはこちら

『初期ルター派による 待降節のためのビチニウム集』リリースのお知らせ
『初期ルター派による 待降節のためのビチニウム集』 商品写真

 2023年4月30日(日)、音楽ダウンロードカード『初期ルター派による待降節のためのビチニウム集』を発売いたしました。

 「ビチニウム」とは2声のポリフォニー楽曲を指し、中世カトリック教会の在り方に疑問を投げかけたマルティン・ルターが活動したヴィッテンベルクなどで16世紀中ごろからおよそ100年間にわたって多数出版されました。

 本音源ではそれらのビチニウムのなかから、救い主キリストの生誕を待ち望む「待降節」のためのビチニウムを、長井舞のリコーダーと、坂本卓也のバロック・ヴァイオリンでハイレゾ収録しました。2声による、最小編成のポリフォニーをお楽しみください。

 本商品は音楽カードSONOCAに歌詞対訳ブックレットを付けたものです。カードには7曲収録、ハイレゾ音源(flac)・圧縮音源(mp3)がそれぞれ1回ずつダウンロードできます。音源ダウンロード期限は 2026年3月30日です。

 現在、コンサートシリーズ「教会暦で巡る 初期ルター派のビチニウム」および、坂本音楽スタヂオの出店する同人誌イベントにて販売を行っています。
 *イベント出店スケジュールは坂本音楽スタヂオのウェブサイトに掲載しております。

収録楽曲

―待降節第1主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominicis prima Adventus―

A. ブリュメル 《主よ、あなたの道をわたしに知らせ》(詩編 24:4-5, 16, 20) Antoine BRUMEL «Vias tuas Domine demonstra mihi» (Psalmi 24:4-5, 16, 20) (Bicinia Gallica Latina Germanica, Primus Tomus, LX, 1545) 作者不詳 《いと高きところにホサナ》(マルコによる福音書 11:9-10) anonyme «Hosianna in excelsis» (Marcus 11:9-10) («Biciniorum», Prima Pars, I, 1607) M. ルター & M. プレトリウス 《いま来てください、国々の救い主よ》 Martin LUTHER & Michael PRAETORIUS «Nu kom der Heiden heiland» («Erfurt Enchiridion», XXI, 1524. & «Musæ sioniæ» Tomus 9, XII, 1610.) 作者不詳 《ロバを見てどうするのか》(マタイによる福音書 21:1-9, J. v. ボイスト) anonyme «Quid spectas Asinum» (Matthaeus 21:1-9, Joachim von Beust) («Bicinia sacra», LXXXII, 1642)

―待降節第2主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominicis secunda Adventus―

作者不詳 《見なさい、主が来られるだろう》(ゼカリヤ書 14:5-6) anonyme «Ecce, Dominus veniet» (Zechariah 14:5-6) («Biciniorum», Prima Pars, II, 1607)

―待降節第3主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominicis tertia Adventus―

作者不詳 《書かれているのはこの人のことです》(ルカによる福音書 7:27) anonyme «Hic est, de quo scriptum est» (Lucas 7:27) («Biciniorum», Prima Pars, III, 1607)

―待降節第4主日のためのビチニウム / Bicinia pro Dominicis quarta Adventus―

作者不詳 《荒れ野に叫ぶ声が聞こえる》(イザヤ書 40:3) anonyme «Vox clamantis in deserto» (Isaias 40:3) («Biciniorum», Prima Pars, IIII, 1607)

ジョスカン・デ・プレ作曲 シャンソン«千々の悲しみ»

2023年1月25日(水) 長崎・浦上天主堂にて開催のコンサート「響け!平和の鐘 プレミアムコンサート」より。
*「バチカンと日本 100年プロジェクト」チャンネルより

作者不詳 «美しきドエット»

2022年11月4日(金) 東京・ガルバホール新宿jにて開催のコンサート「十字軍と残された女たちのシャンソン 〜13世紀の室内歌曲」より。
*「中世音楽センター Medieval Music Center Japan」チャンネルより

ギヨーム・ド・マショー作曲 ロンドー«5, 1, 13, 8, 9. まことの愛とともに»

「ひょっとしたら世界初かもしれない【楽師憑依型ASMR古楽配信】かぶらもち その3」(2021年6月生配信)より。
*イヤホンまたはヘッドホンでお聴きください。スピーカーではぼやっと再生されてしまいます。

アダン・ド・ラ・アル作曲 ロンドー«生きているかぎり»

徘徊古楽 YouTube チャンネルより。(2021年5月収録)

ギヨーム・ド・マショー作曲 ロンドー«甘くやさしいそのお顔»

徘徊古楽 YouTube チャンネルより。(2021年5月収録)

ギヨーム・ド・マショー作曲 バラード«フォルチューヌのために悩みと喜びを»

徘徊古楽 YouTube チャンネルより。(2021年2月収録)

オルティス作曲 «あまい思い出»によるレセルカーダ第2番

2018年1月1日朝7時に開演した、「2018年、おそらく世界でもっとも早い古楽ライヴ『天満貴族』」より。

オルティス作曲 «あまい思い出»によるレセルカーダ第2番

同じ曲ですが、2017年3月のコンサートより。

«Ishgard ancien, Aube et Danse» (古のイシュガルド、夜明けと舞曲)

ファイナルファンタジー XIV 奏天のイシュガルドコンテスト応募作品

F. ベンダ作曲 ヴァイオリン・ソナタより «シシリエンヌ»

2014年10月のコンサートのリハーサルより。

都倉俊一作曲 «ペッパー警部»

2011年のライヴより。演奏はモモセ、ポンタ。

F. ショパン作曲 ノクターン 嬰ハ短調(遺作)

2011年のライヴより。演奏はモモセ、ポンタ。

編曲作品

わたしの編曲作品は ミューコム さんから出版されています。

編曲楽譜(バロック)
 
編曲楽譜(クラシック)
 
編曲楽譜(インストゥルメンタル)
 
編曲楽譜(アニソン)
 
編曲楽譜(邦楽)
 
編曲楽譜(洋楽)
編曲依頼やお問い合わせなどは info@sakamochi.jp までどうぞ。

坂本卓也のプロフィール

Sakamoto Takuya photo

ヴィオラ、バロック・ヴァイオリンを大津睦、J.-Ph.ヴァッサールの各氏に師事。また、バロック・ヴァイオリンをL.v.ダール、E.ガッティ、A.タンピエーリの各氏に、中世音楽理論をルドン絢子氏に、ソルミゼーションを辻康介氏に学ぶ。

ヴィエール(中世フィドル)、バロック~モダン~エレクトリック・ヴァイオリン、ヴィオラを自在に持ち替え、中世、ルネサンス、バロック、クラシック、ポピュラー、昭和歌謡と、幅広く演奏活動を行っている。

坂本音楽スタヂオでは大人のアマチュア奏者、身体トラブルを抱えた演奏家、古楽アプローチを学ぶ演奏家に対し手厚くサポートや指導を行っているほか、大阪中世まつりなど中世音楽にかかわるイベントを開催している。

日本中世フィドル協会大阪支部長。

演奏のご依頼やお問い合わせは info@sakamochi.jp にてお待ちしています!